トーレスがアトレティコで感じていた苦悩…「初めて退団したとき、自分が諸悪の根源だった」

1

サガン鳥栖FWフェルナンド・トーレスが、古巣アトレティコ・マドリーで感じていた苦悩を明かしている。

アトレティコ・マドリーの下部組織で育ったF・トーレスは、同クラブがリーガ・エスパニョーラ2部で苦しんでいた2001年、17歳という若さでトップチームデビュー。以降、2007年にリヴァプールへと移籍するまで、チームの不動のエースに君臨し、在籍期間の序列を飛ばしてキャプテンマークすら巻いていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190223-00000042-goal-socc

続きを読む

フットカルチョ https://ift.tt/2Iy5QZ8

90
-
Rates : 0