スタッツ1位選手で見るJ1序盤戦…イニエスタはどの項目でトップ?未勝利の川崎Fから3人も

1

Jリーグは代表ウイークによる中断期間が明け、29~31日に第5節を開催する。2月22日に開幕した2019年のJ1リーグは第4節までを消化。FC東京が無敗で首位を走り、昇格組の大分が3位と躍進している。

29日、Jリーグは第4節までの各スタッツ個別データの1位選手を紹介。今季J1序盤戦の個人データを見ると、ゴール数最多はFWアンデルソン・ロペス(札幌)とFW藤本憲明(大分)の2人が5得点を記録。A・ロペスはシュート数(20本)、藤本は枠内シュート数(10本)でもそれぞれトップとなっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190329-43465291-gekisaka-socc

続きを読む

フットカルチョ https://ift.tt/2U8Mtvb

173
-
Rates : 0