「球拾いをやったり、お茶を作ったり…」 元イングランド代表守護神が第3GKになった“今”を語る

1

華やかな表舞台とは縁遠く、スポットライトの当たらない第3GK。地道な努力と忍耐が求められるこのポジションについて、チェルシーのベテランGKが興味深い本音を明かしている。

この度、英公共放送「BBC」のインタビューで第3GKの役柄について語ったのは、元イングランド代表守護神で、現在はチェルシーに所属しているロバート・グリーンだ。

1999年にノーリッジでプロキャリアをスタートさせると、その後はウェストハム、QPR、リーズ・ユナイテッド、ハダースフィールドで正GKの座を射止め、イングランド代表としても、2010年の南アフリカ・ワールドカップ本大会でプレーするなど、公式戦通算634試合でゴールを守ってきた。

このように輝かしい実績を築いてきたグリーンだが、昨夏にチェルシーへ完全移籍してからは、ケパ・アリサバラガとウィリー・カバジェロの後塵を拝し、ベンチにも入れない“3番手”としての生活を続けている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190330-00010001-sdigestw-socc

続きを読む

フットカルチョ https://ift.tt/2OwvMnj

144
-
Rates : 0