香川は「ヒーローだった」 元ドルトムント同僚がリーグ優勝当時を絶賛「楽しいヤツ」

1

ユルゲン・クロップ監督時代のドルトムントでリーグ連覇を経験した元ドイツ代表DFパトリック・オボモイエラ氏が、かつてのチームメートである日本代表MF香川真司(現ベシクタシュ)との思い出を振り返り、「彼は偉大な選手で、一緒にいて面白いヤツだったよ」と語った。英メディア「Sportkeeda」が伝えている。

ドレッドヘアーがトレードマークだったオボモイエラ氏はブレーメンでブレークした後、2008年にドルトムントへ加入。それから2013年まで5シーズンにわたって活躍した。2010-11、11-12シーズンのブンデスリーガ2連覇も経験した。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190410-00181865-soccermzw-socc

続きを読む

フットカルチョ http://bit.ly/2KrjoXc

144
-
Rates : 0