日本代表、タイ戦の主審にも注意が必要。過去にも日本戦で大騒動の”前科”あり

フットカルチョ http://ift.tt/2cxqvNk
1
日本代表は6日、ロシアW杯アジア最終予選のアウェーでのタイ戦に臨む。予選突破に向けて絶対に勝利が必要な一戦となるが、この試合でも主審の笛には警戒する必要がありそうだ。

1日にUAE代表との初戦を戦ったハリルジャパンだが、ホームでまさかの黒星発進。この試合では、アル・ジャシーム・アブドゥルラフマン主審のジャッジが日本にとって不利に働いたことは明白だった。特に1-2でリードされていた77分、FW浅野拓磨のシュートをUAEのGKが掻き出した場面では映像を見る限り明らかにボールがゴールラインを割っていたが、日本の得点は認められなかった。

http://ift.tt/2cxqysx

続きを読む

90
-
Rates : 0