大迫勇也を日本代表スタッフが猛プッシュ!ハリル監督はイラク戦の招集を検討

カルチョまとめブログ http://ift.tt/2drk7qS

【サッカー】日本代表がスタッフ会議、ハリル監督へ大迫招集を猛プッシュ!!
http://ift.tt/2cAwThe
大迫2016第5節ゴール04.jpg

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/09/28(水) 06:10:59.72 ID:CAP_USER9.net

日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(64)は27日、都内のJFAハウスでスタッフ会議を実施。 協会関係者によれば、一部スタッフから10月に行われるW杯アジア最終予選 (6日=イラク戦、11日=オーストラリア戦)の切り札として、ケルンで2戦連続得点中のFW大迫勇也(26)を猛プッシュする声があったことが判明。 29日に予定される日本代表メンバー発表が注目される。

議題に上がったのはドイツで爆発中のストライカーだった。この日、日本代表スタッフがJFAハウスに集結。 29日の日本代表メンバー発表に向けた選考過程で約4時間、意見をぶつけあった。 関係者によれば、一部スタッフからは「イラク、オーストラリア戦ではセットプレーが鍵になる。 大迫が必要」との声が上がり、猛プッシュされたという。

絶好調だ。25日のライプチヒ戦はワントラップで相手DFを置き去りにして2戦連発。
ポストプレー、体の使い方など万能ぶりには定評があり、13年7月の東アジア杯オーストラリア戦では代表初得点を含む2得点。 代表では15年6月のW杯アジア2次予選シンガポール戦以来招集がないが、フィジカルが強く、力の拮抗(きっこう)した相手にも実績がある。 9月はUAE戦で岡崎、タイ戦で浅野を1トップで起用したが、FWの適性なら大迫も負けていない。

欧州で結果を残しているのも心強い。先週末は本田、香川、岡崎らが軒並み出番なし。 会議に出席した手倉森コーチによれば、ハリルホジッチ監督は「ドラマチックなことが起きている」と嘆いたという。 日本協会の霜田技術委員は「新たなマネジメントが必要」と明かす。 代表期間中に出場時間の乏しい欧州組に負荷をかけたメニューを組むなどコンディションを上げる必要が出てきた。 ケルンでレギュラーの大迫には無用の心配だ。

協会関係者によれば、メンバーの人選はほぼ固まったが、まだ一部入れ替えがあり、人数も23人プラスアルファになる可能性が高い。 新たなFW候補には問題行動で追放処分中の金崎(鹿島)、25日に視察した長沢(G大阪)らもいる。 手倉森コーチが「(人選に)幅を持たせるような会議」と言えば、霜田技術委員は「最後は監督が自分で考えると言っていた」と明かす。 自身の進退も懸かる重要な2戦に向けハリル監督が決断を迫られている。

http://ift.tt/2cB3pEO
2016年9月28日 05:30

ハリル監督、イラク戦に「絶好調男」大迫招集を検討 復帰なら1年4か月ぶり
http://ift.tt/2cAwgEk

 サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(64)が、18年ロシアW杯アジア最終予選のイラク戦(10月6日・埼玉)とオーストラリア戦(同11日・メルボルン)で、FW大迫勇也(26)=1FCケルン=の招集を検討していることが27日、分かった。都内のJFAハウスで約3時間、スタッフ会議を開き、所属クラブで2戦連発の勢いを評価。大迫はシンガポール戦(15年6月)以来、約1年4か月ぶりに代表復帰する可能性が出てきた。メンバーは29日に発表される。

 アジア最終予選でもう1敗もできないハリル監督が、FW大迫を日本代表に呼び戻す可能性が出てきた。日本協会関係者によると「調子がいい。イラクとオーストラリアはセットプレーが大事になる。前に1人、そういう選手は必要」と評価し、選考会議で大迫の招集について議論したという。最終的な判断は指揮官に委ねられ、29日のメンバー発表までに決断する方向だ。

 大迫は25日のライプチヒ戦で、2試合連続得点となるゴールを記録。1FCケルンの2トップの一角として4試合連続先発し、コンディションも上がっている。昨季まではチーム事情でトップ下やサイドを任される機会が多く、FWとして見ていたハリル監督には評価されにくい状況だった。しかし、今年は「結果、ゴールにこだわっていきたい」と話していた通り、決定力を証明している。

 18年ロシアW杯へ向けて過渡期にある日本代表は、FW本田圭佑(30)=ACミラン=ら前線の海外組が所属クラブで出場機会を減らし、コンディション調整に苦慮している。大迫のように、欧州で出場し続けるストライカーは貴重な存在だ。これまでのハリル・ジャパンにはなかったポストプレーの強さ、高さに加え、遠めから狙えるシュート力を備える大迫が加われば、攻撃のバリエーションも増すだろう。

 15年6月のシンガポール戦を最後に1年4か月の間、大迫を招集しなかったハリル監督は、招集メンバーの抜てきについて「1回いい試合をしたからといって呼ぶことはない。ただ、他の選手よりも良さを出し続けられれば、結果を継続して出し続けられれば、日本代表に問題なく呼びます」と語っている。UAE戦(1日・埼玉)で1―2で敗れたため、連勝を求められる10月のアジア最終予選2試合。ハリル監督は勝つための決断を下すか。

 ◆大迫と日本代表

 ▽デビュー ザッケローニ監督時代の2013年東アジア杯・中国戦(7月21日)で初出場。同25日のオーストラリア戦では代表初得点を含む2得点。11月の欧州遠征ではオランダ戦でもゴール。14年ブラジルW杯は2試合出場。

 ▽アギーレ体制 14年8月に発足して最初の9月のメンバーに招集され、9日の親善試合ベネズエラ戦で先発。

 ▽ハリル体制 3試合に出場。親善試合は15年3月のウズベキスタン戦(味スタ)、6月のイラク戦(日産ス)。ロシアW杯2次予選は6月16日のシンガポール戦に途中出場。計3試合(64分)出場で無得点。代表通算では15試合(643分)出場3得点。

 ◆大迫 勇也(おおさこ・ゆうや)1990年5月18日、鹿児島県加世田市(現・南さつま市)生まれ。26歳。2009年に鹿児島城西高から鹿島入り。5シーズンプレーし、2014年2月からドイツ2部の1860ミュンヘンに移籍。14年7月から1FCケルンに移籍し、3季目となる。日本代表は13年の東アジア杯でデビューし、通算15試合3得点。14年ブラジルW杯にも出場した。182センチ、73キロ。

▼記事の続きを読む▼

89
-
Rates : 0