<日本代表>豪州戦でボール支配率は「35%」かつての強み“パスサッカー”はどこへ?

footballnet【サッカーまとめ】 http://ift.tt/2edBP1p
1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/10/11(火) 22:09:14.35 ID:CAP_USER9
枠内シュート数はオーストラリアの3本に対して、日本は4本と上回る
 
日本代表は11日のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア戦に臨み、敵地で1-1のドローに終わった。バヒド・ハリルホジッチ監督はFW本田圭佑(ACミラン)を1トップで起用すると、前節イラク戦で活躍した清武弘嗣(セビージャ)に代えて香川真司(ドルトムント)をトップ下で先発させるなど、先発4人を入れ替える勝負に打って出る。

前半5分にMF原口元気(ヘルタ・ベルリン)が先制点を決めるも、後半7分にPKで失点。試合後、指揮官は「勝ち点1というよりは、勝ち点2を失った」と怒りを露わにした。かつて中盤の構成力を生かしたパスサッカーが日本のスロトングポイントだったが、その姿はオーストラリア戦で見られなかった。

アジアサッカー連盟(AFC)公式サイトによると、日本代表のボール支配率「35%」に対して、オーストラリアは「65%」。早い時間帯で先制点を奪って以降、1トップの本田を起点に、左サイドの原口へ展開して多くのチャンスを作った。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://ift.tt/2dhZJGB

【サッカー】<日本代表>いつから“ロングボールを蹴り飛ばす“チームになったのか?イラク戦49本のロングボールを蹴る★2
http://ift.tt/2e14O3y


続きを読む

10
-
Rates : 0