◆W杯予選◆元イラン代表ネコナム「韓国はイラン戦4連敗の現実を受け入れなさい」

WorldFootballNewS http://ift.tt/2e2MwzW
1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 09:35:02.71 ID:CAP_USER9
(機械翻訳)

“韓国はイランに 4連敗した。 それ位にして受け入れなさい。”

イランサッカーの ‘伝説’で通じるザバドネクナム(36)が韓国サッカーに向けて投げた秘愁みたいな一言だ。 ネクナムは韓国サッカーに ‘毒舌’をならないことで有名な選手だ。 2009年テヘラン遠征またその有名な “韓国に地獄の遠征味を見せてくれる”と挑発した人がすぐネクナムだ。 しかし今発言は毒舌ではない。 反駁することができない ‘ファクト’だ。

韓国は 11日(韓国時間) イランテヘランアザデ-スタジアムで開かれた 2018 ロシアワールドカップアジア地域最終予選 4次戦で無気力なプレイに一貫して 0-1で敗れた。 韓国はすべての面でイランに圧倒された。 今度敗北で韓国はイランに 4連敗にあった。 1970年代イランにあった 3連敗の記録を越す最多連敗新記録である。

日刊スポーツはこの日競技(景気)が終わった後ネクナムと単独で会ってインタビューした。 ネクナムは “韓国はいつも強いチームであった。 しかし今日競技(景気)では私が分かっていた韓国サッカーの姿が見えなかった。 韓国それなりに努力をすることはしたがイランを相手でゴールを入れることができなかった”と評価した。
イランの競技力はほめたてた。 彼は “重要な競技(景気)であった。 A組ビッグ3 競技中の一つであった。 勝って嬉しい。 イランが韓国よりずっとすぐれた。 イランが競技(景気)を圧倒した”と “イランが韓国に 4連勝をしたことに対して韓国も認定をしなければならないこと”と強調した。

この話はこれ以上韓国がイランと対等なチームではないという意味だ。 二つのチームは現在アジアの強豪でライバルに通じているが 4番(回)ずっと敗れた今こんな構図は変わらなければならないと力説したのである。 ライバル関係に 4連敗はありえない。 すなわち韓国がイランより ‘一数の下’と宣言したのである。

惜しさもあった。 イランがもっと多いゴールを入れることができなかったという点である。 ネクナムは “イランが競技(景気)を本当に上手であったが 1ゴールしか入れることができなかった。 もっと入れることができる機会があった。 追加ゴールが出ないことが惜しい”と言った。

ネクナムはこんなものを言う資格がある。 彼はイランサッカー歴史上一番偉大な選手中一人に数えられる。 2000年 A代表チームに抜擢してワールドカップ、アジアンカップなどメージャー大会に総 7番(回)出場するなど Aマッチをおおよそ 151競技(39ゴール)も走った。 彼はイランの主張であった。 また 2006年スペインフリメガリガオサスナで移籍しながらイラン最初のスペイン進出選手で歴史に残った。 オサスナでも主戦で活躍した。 言い換えればネクナムがイランサッカーを代表する発言ができる位置にあるという意味だ。

特にネクナムは韓国とイランのパワーゲームでイランの優勢を導いた核心選手であった。 イランは歴代戦績で 29戦 13勝7分け9敗で韓国に先に進んでいる。 彼は韓国に強かった。 この中 6勝をネクナムが責任を負った。 彼は 2004年 7月アジアンカップ 8強戦で韓国戦デビュー戦を行ったし、以後開かれた 11競技に皆出場した。 ネクナムは韓国戦 12競技で 6勝4分け2敗の成績を出した。

韓国サッカーの ‘伝説’ パク・チソン(35)のある時は張りつめた。 二人の選手はアジアのライバルで熾烈な戦争を広げた。 パク・チソンとネクナムは総 7回激突して 2勝3分け2敗で優劣を選り分けることができなかった。 ところでパク・チソンが 2011年代表チームで引退すると重さ踊る急激にイランで傾いた。 ネクナムはパク・チソンがいない韓国を相手で 3連勝を導いた。

ネクナムは去年代表チームで引退したし去る 6月現役で退いた。 イランの伝説が抜けたから今度イラン前は張りつめるはずであるから見込まれた。 しかし予想は外れた。 イランが圧勝をおさめた。 パク・チソンの抜けた韓国は弱かったがネクナムがなくてもイランは強かった。

http://ift.tt/2dNE5gu

引用元: http://ift.tt/2dKL33c


続きを読む

164
-
Rates : 0