英紙、岡崎慎司にチーム最高点7.0を採点!地元紙「レスターにとって重要な選手になっている」(関連まとめ)

カルチョまとめブログ http://ift.tt/2dS6Uaw

【サッカー】得点&アシスト無しの岡崎がレスターNo.1の7点! 英紙は得点者のムサよりも高評価
http://ift.tt/2enb7PJ
岡崎2016第10節競り合い02.jpg
1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/10/30(日) 02:20:08.56 ID:CAP_USER9.net

このままスタメン奪取なるか

目覚まし時計は2週連続で高い評価を受けている。29日にアウェイでプレミアリーグ第10節のトッテナム戦に臨んだレスターの岡崎慎司が、前節のクリスタルパレス戦に続いてチームを鼓舞する奮闘を見せつけた。

未だ国内リーグで無敗を貫く難敵トッテナムと対戦したクラウディオ・ラニエリ監督率いるレスターは、前半終了間際にオランダ代表FWフィンセント・ヤンセンにPK弾を献上。しかしながら後半開始と共にアーメド・ムサがジェイミー・バーディのクロスをネットへ叩き込み、価値ある同点弾を挙げる。岡崎も惜しいヘディングシュートを放つなど、随所で効果的な攻め上がりを見せ、得意のハードプレスも存分に披露。ゴールこそ生まれず、78分にはピッチを後にしたが、英『Daily Mail』はこの日本代表FWにチームトップとなる7.0点を付け、同点弾を決めたムサ(6.5点)よりも高評価を与えている。なお、スパーズも含めた全体の評価では韓国代表ソン・フンミンやリヤド・マフレズらの5点が最低点となった。

同紙は前節のパレス戦後にも岡崎へ両軍トップとなる8.5点の高得点を付けており、ラニエリも同選手がチームにとっての“スイッチ役”となっていることを明かしていた。今夏にはムサやスリマニなど多くのライバルがチームへ加わったが、ここ2試合におけるレスター復調のキッカケをもたらしたのは間違いなく岡崎だと言えるだろう。

http://ift.tt/2emBaWU

2戦連続先発の岡崎は地元紙からチーム最高採点も 「重要な選手になっている」と働きを再評価
http://ift.tt/2en6Tay

敵地トットナム戦で先発し、積極的なプレスで同点弾につながるパスミスを誘発
 レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司は1-1で引き分けた29日の敵地トットナム戦で2試合連続の先発出場を果たした。FWアーメド・ムサの同点弾のシーンでは積極的なプレスで相手のパスミスを誘発するなど、この試合でも献身的なプレーは健在。英地元メディアからは「チームにとって重要な存在になっている」と再評価されている。

 序盤からペースを握ったのはホームのトットナムで、前半43分にFWヤンセンが自ら倒されて得たPKを決めて先制した。しかし、後半3分に岡崎がハーフウェーライン付近でMFワニヤマに対してプレスをかけると、ケニア代表MFはバックパスをミス。パスをカットしたFWヴァーディが右サイドを駆け上がり、クロスにムサが合わせて同点とした。

 英地元紙「レスター・マーキュリー」はこの試合の採点(10点満点)を公開。先制点を導いた岡崎には4位タイとなる7点が与えられた。「岡崎慎司は特にアウェーゲームにおいては、(レスター・)シティにとって重要な選手になっている」と、存在価値が高まっているとの評価を受けている。

 最高点は守護神GKシュマイケルをはじめ、MFドリンクウォーターとMFキングのダブルボランチで8点。岡崎やFWヴァーディなど6選手が7点で続いた。攻撃の起点となれなかったMFマフレズ、PKにつながるファールを犯したDFフートがワーストタイの6点だった。

リンクマンとしての岡崎の奮闘ぶりは称賛の的
 英地元紙「デイリー・メール」の採点では、岡崎がチーム単独トップの7点を獲得。両チーム通じてもマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選ばれたトットナムDFローズの7.5点に続く高評価だった。

 前線から積極的なプレスをかけるだけでなく、頻繁に中盤まで下がってMFとFWを繋ぐ“リンクマン”としての重要な役割を担っている岡崎の奮闘ぶりは、英メディアでも再三称賛の的となっている。

 今季の岡崎は戦術的な理由でメンバー外になるという扱いを受けていたが、レスター不調の理由に独特の役割をこなす岡崎の不在が指摘されるほどになっていた。侍ストライカーの現地での評価はまだまだ右肩上がりに上昇していきそうだ。

▼記事の続きを読む▼

80
-
Rates : 0