昔のセリエAは世界最強だった…ジェコが憧れたのはセリエA屈指の快速ストライカー

フットカルチョ http://blog.livedoor.jp/footcalcio/archives/48844528.html
1
現在所属するローマでリーグ戦10得点を記録し、インテルのマウロ・イカルディと並んで得点ランク首位に立っているFWエディン・ジェコ。そんな絶好調のジェコが、かつて憧れていたストライカーと、これまで対峙した中で最もタフなDFを挙げている。

ローマ公式サイトによると、ジェコが憧れていたのはミランで大暴れしたFWアンドリー・シェフチェンコだ。ジェコとはタイプが異なるものの、シェフチェンコは爆発的なスピードを武器にゴールを量産。セリエAを代表する名ストライカーの1人だ。ジェコは当時世界最高のリーグと言われたセリエAで活躍していたシェフチェンコが自分にとってのNo.1FWだと語っている。

http://ift.tt/2fBTBbX

続きを読む

109
-
Rates : 0