<日本代表>ハリル監督の進退は「世界で勝てるか」どうかで決めるべき。サウジ戦の結果だけで判断するのは危険だ

footballnet【サッカーまとめ】 http://ift.tt/2f72QCl
1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/11/17(木) 09:09:56.97 ID:CAP_USER9
チャンスを作り、運も味方につけ、流れ的には悪くない試合展開だった。

なんかモヤモヤしている。たしかに大一番とも言えるサウジアラビアに2-1で勝った。勝点3を奪えたことは良かったが、なにか引っかかるものを感じた人も多かったのではないだろうか。
 
サウジアラビア戦では、オマーン戦で結果を出した大迫勇也や若い久保裕也らフレッシュな選手を出してチームを活性化させた。前からプレッシングを掛け、パスサッカーで攻勢を強め、PKをもらい、80分に欲しかった2点目を奪った。多くのチャンスを作り、運も味方につけ、流れ的には悪くない試合展開だった。
 
だがモヤモヤが晴れない。それは試合内容的なもの、たとえば試合の終わらせるところの詰めの甘さだったり、カウンターを受けた際の守備だったり、露見した課題についてもあるが、最大のモヤモヤはこのチ-ムが果たしてワールドカップで勝てるチ-ムになるのだろうかということだ。
 
  ブラジル・ワールドカップは個々のクオリティを上げ、チ-ムの完成度を高めて挑んだ大会だったが1勝もできず、グループリーグ最下位で敗退した。過去最強と言われたチームの惨敗に選手自身を含め、多くの人が大きな衝撃を受けた。だが、これで逆にロシア・ワールドカップに向けてのテーマが明確になった。
 
ワールドカップで勝てる監督を選択し、世界で勝てるチーム作りを進めていく。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://ift.tt/2f26N80
文:佐藤 俊(スポーツライター)


続きを読む

12
-
Rates : 0