【香川真司】「僕は天才ではない」ブログで苦境に立つ心境を吐露 決意新たに「壁を超えたい」

Samurai GOAL http://ift.tt/2eVyns4
1: サムライ24時 2016/11/21(月) 08:48:55.60 ID:CAP_USER9
バイエルンとの一戦から一夜明け、「iroiro」というタイトルで自身のブログを更新

ドルトムントMF香川真司が日本代表とクラブの両方で試合に出られない状況が続くなか、自身のブログを更新。
「僕は天才ではない」と悲壮感を漂わせながらも「ずっと大きな壁が目の前にあり、そこを超えたい」と、さらなる成長への意気込みを明かしている。

香川は日本代表に参戦した11月シリーズで2試合とも先発から外れるなどバックアッパーに降格していた。
ドイツに戻って迎えた19日のバイエルン・ミュンヘン戦でも、チームは1-0で勝利したが、香川は90分間ベンチを温め続けた。

バイエルンとの「デア・クラシカー」から一夜明け、香川は「iroiro」というタイトルでブログを更新。
「代表終えて、まずはバイエルンとの試合を終えました。代表もチームも勝利できた事。本当に良かったです」と現在の心境を打ち明けている。
チームの勝利が何よりと語っているが、チームメートの活躍をピッチサイドから見つめるなかで気づいたこともあるという。

「まずはチームとして勝利しないと次へは進めません。
今までは試合に出る事が普通でしたが、今はドルトムントでも代表でもベンチから見る時間も多くなりました。
今試合の出場に関して満足できるものではありません。ただ、試合に出場している選手の良い部分を勉強したり、
自分の良い部分は何なのか?考えて見れるようになったりと自分としては決してネガティブではありません」

「18年に向けて頑張っていきます」と決意表明

下を向かずに現実を受け止めている香川だが、突如「僕は天才ではない」と自分自身を評した。
10年にドルトムントへ渡って2年連続でブンデスリーガを制し、12年には名門マンチェスター・ユナイテッドに加入するなど順調な歩みを続けたが、
その後に出場機会を減らしてドルトムントへ帰還するなど紆余曲折のキャリアを経験してきた。
現在は代表・クラブともに序列を落とし、苦しい時期を迎えている。

「今考えてもずっと大きな壁が目の前にあり、そこを超えたい。そこを乗り越えなきゃ。
その思いだけでずっと前に進んできました。僕にとって2014年のワールドカップで今までで最も大きいと感じる壁がありました。
だからこそ、目の前にある事を全力でそして、2018年に向けて頑張っていきます」

 
27歳と一般的には選手のピークともいえる年齢に差し掛かり、選手としてもう一皮むける時だと決意を新たにしている。
日本の背番号「10」を背負う男は再びピッチで躍動する姿を見せることができるだろうか。

http://ift.tt/2fISWY7
Football ZONE web 11/21(月) 8:30配信
 


続きを読む

83
-
Rates : 0