<蹴球日本を考える>なぜ浦和レッズは“勝負弱い”ままなのか?

footballnet【サッカーまとめ】 http://ift.tt/2g1gG6b
1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/12/04(日) 21:44:13.94 ID:CAP_USER9
「勝負強いチームが勝負弱いチームに勝った」という図式。
 
チャンピオンシップの3試合は、いずれもアウェーチームが勝利を収め、最後に年間3位の鹿島がシャーレを掲げることになった。埼玉スタジアムでの最終決戦は、鹿島が勝ったというより、浦和が負けた試合のように見えた。
 
敵の甘いマークに助けられ、幸先よく7分に先制したが、浦和らしい攻撃的な試合運びができなかった。最終ラインに5人が並ぶ受け身の時間が長く続き、敵陣でのプログラムされたような緻密なパス回しは陰を潜めた。
 
今季の浦和は守備が確実に向上したが、それはボールを失った直後の囲い込みが機能したからだ。受け身の試合運びができるようになったわけではない。そうしたいつもと違うリズムの中で、手痛いミスがふたつの失点の呼び水となった。
 
ひとつは遠藤康に背後を取られた宇賀神の、中途半端なポジショニングと応対。もうひとつは判断ミスから鈴木優磨に裏を突かれ、PKを招いた槙野のプレーだ。今季の浦和では、ちょっと想像できないミス。だが、それが出てしまったのは、いつもの試合ができていなかったからだ。
 
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://ift.tt/2fWkgna

写真
http://ift.tt/2h2iEo2

【サッカー】<JリーグCS決勝>鹿島アントラーズ、2試合合計2-2 アウェーゴールで浦和を上回り7年ぶり8回目の優勝!★8
http://ift.tt/2fYTh5A


続きを読む

215
-
Rates : 0