【鹿島アントラーズ】オークランドに舐められた!?「浦和が勝ち上がると…」

Samurai GOAL http://ift.tt/2h8Q59A
1: 名無しの24時 2016/12/08(木) 09:32:11.06 ID:CAP_USER9
クラブチーム世界一を決める大会が、8日に開幕する。開催国枠で出場するJ1覇者の鹿島は、1回戦でオセアニア代表のオークランド(ニュージーランド)と対戦する。両チームは7日、試合会場となる横浜国際総合競技場で公式練習を実施。実は、オークランド側が予想した対戦相手は鹿島ではなかったようで…。

 完全に想定外だった!? 開幕戦を翌日に控え、公式会見と練習に臨んだ鹿島とオークランド。鹿島の練習終了後に壇上に上がったスペイン人の敵将、トリブリエチ監督が苦笑いを浮かべた。

 「来日前は浦和や川崎の研究もしていた。実際のところ、浦和が(CSを)勝ち上がる可能性が高いと思って、重点的に警戒していたんだ」

 オークランドは11月30日に早々と来日した。今大会に向けて入念な準備を重ねていたが、来日前の“予習対象”は浦和だったとポロリ。まさかの鹿島の勝ち上がりに、指揮官は急きょ、浦和-鹿島のCS決勝第2戦(3日、埼玉)を視察したという。

 年間勝ち点3位から下克上Vを果たした鹿島にしてみれば、完全になめられた格好。自国開催の地の利はあるとはいえ、初出場の鹿島とは対照的にオークランドは最多8度目の出場となる。昨年は広島に1回戦で0-2と完敗したが、2014年大会では3位に食い込んだ。“上から目線”は鹿島イレブンが闘志を燃やすには十分だ。

 鹿島はCS決勝から中4日での日程だが、「アントラーズファン以外にも、みてもらうことができる。そこでJのチームが負けてはいけない」とDF昌子。勝ち進めば準々決勝は11日で中2日、その後も中2日、中3日の強行スケジュールとなるものの、士気は上がる一方で疲労を理由にはしない。

 オークランドの選手は他に本業を抱えるセミプロがほとんど。敵の映像を数試合分チェックし、対策を練ったMF柴崎は「序盤からアグレッシブなサッカーを展開することが大事」と猛攻を仕掛けるつもりだ。なめられてたまるか!

サンケイスポーツ 12/8(木) 5:00配信
http://ift.tt/2gdREpk


続きを読む

16
-
Rates : 0