【セルジオ越後】「名門のゴタゴタと言えば名古屋だったけど、横浜の”J2降格”は流石に無いと思う」

Samurai GOAL http://ift.tt/2iVy8Or
1: 名無しの24時 2017/01/19(木) 14:53:29.28 ID:CAP_USER9
昨年末から噂されていた中村俊輔(38歳)の磐田移籍が決まった。

レッジーナ、セルティック、エスパニョールと欧州で活躍した時期もあったけど、Jリーグでは1997年のプロデビュー以来、
計13シーズンにわたって横浜Fマひと筋でプレーしてきた。その彼が来季、初めてほかのJクラブのユニフォームを着ることになる。

いつも言っていることだけど、プロならば、自分をより高く評価してくれるクラブでプレーすべき。
きれいごとではなく、一番大事なのはお金だ。どんなに愛着があっても、ひとつのクラブにしがみつく必要はない。

でも、今回の俊輔の場合は、昨季から1千万円減の年俸1億2千万円を提示した横浜Fマに対し、磐田は8千万円。

条件面では大きな差がある。しかも、昨季は故障で戦列を離れることが多かったとはいえ、
依然として主力であり、サポーターからも愛される象徴的存在。普通に考えれば横浜Fマを離れる理由は何もない。

それにもかかわらず新天地を求めたのだから、サッカーに対して純粋な彼にとってよほど耐え難いチーム状況だったということだろう。
横浜Fマは2014年にマンチェスター・シティ(イングランド)を傘下に収めるシティ・フットボール・グループ(CFG)と資本提携。
以降、フロントにCFGの人間が入り、チームを取り巻く環境は大きく変わっていったという。

そして今オフ、CFGの起用した強化担当者が急激な若返りを図り、多くのベテランを大幅減俸もしくは放出。
俊輔と同じ38歳で、チームの看板である中澤が年俸1億2500万円から50%ダウンを提示されたことも話題になった。

世代交代というのは、予算面や継続的なチームづくりを考える上で、どのクラブも避けられないこと。決して責められることではない。
ただ、横浜Fマの場合は、もっと前から少しずつ入れ替えることもできたはず。やり方があまりにビジネス的。
多くの日本代表選手を輩出してきた名門クラブなのに、チームづくりを簡単に考えすぎているような気がしてならない。

名門のゴタゴタといえば、昨季の名古屋が記憶に新しいけど、今の横浜Fマのメンバーを見れば、さすがにJ2降格はないと思う。
でも、チームには大きな宿題が残った。サポーターが不信感を募らせているなか来季の成績が悪ければ、やっぱりクラブのやり方はおかしかったとなる。
果たして、今の横浜Fマのフロントはそうした批判に耐える覚悟を持っているのかな。

磐田に移籍した俊輔にもプレッシャーは当然かかるけど、きっと本人はそれを新たなモチベーションにすることで、乗り越えようとしているのだろう。
年齢を考えれば体力面は年々厳しくなる。昨季は故障にも悩まされた。でも、技術は衰えない。

得意のセットプレーはもちろん、流れのなかでもボールを持てば取られないし、前を向いたら何をするかわからない。
今もって相手に大きな脅威を与えられる選手だ。ケガさえ気をつければ、まだまだできる。

磐田は横浜Fマよりもチーム力は落ちるかもしれないけど、プレーだけでなく、その存在感やプレーへの姿勢でもチームに大きな影響を与えられるはず。
磐田とは2年契約で、俊輔自身も40歳を現役生活の区切りに考えているという報道もあるようだけど、40歳といわずに、“第二のカズ”を目指して頑張ってほしいね。

(構成/渡辺達也)

週プレNEWS 1/19(木) 11:00配信
http://ift.tt/2iMIBrV


続きを読む

163
-
Rates : 0