吉田麻也、クラブの現状嘆き「全員が責任を負わなければ」

1

サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也が、クラブの現状を嘆いた。

26日、イングランド・プレミアリーグ第20節の試合が行われ、サウサンプトンはアウェイで上位のトッテナムと対戦。相手のエースFWハリー・ケインにハットトリックを許すなど圧倒された末に5-2の敗北を喫した。

これによりサウサンプトンは、リーグ戦の順位を14位まで落とし、7戦連続で勝利がない状態となっている。昨季まで指揮を執ったクロード・ピュエル氏に代わり、今季はマウリシオ・ペジェグリーノ監督による新体制となったものの結果は芳しいものとはなっていない。

http://ift.tt/2Ce4Gxh

続きを読む

フットカルチョ http://ift.tt/2BMAxBU

139
-
Rates : 0