名古屋“泣きっ面に蜂状態”大ピンチ!!ジョーの母国復帰が囁かれる…

Samurai GOAL https://ift.tt/2LTclG9 2018-01-15-joejpg_1s7ljibdjeejp147ghzct155xb
1 2018/08/02(木) 20:01:58.77 _USER9
今季から名古屋グランパスに所属している元ブラジル代表FWジョー。J1で7ゴールを挙げているストライカーに母国復帰の可能性が浮上している

 ブラジル『フチボウインテリオール』など複数メディアは、同国1部リーグで降格圏に沈む名門サントスが後半戦への起爆剤といてジョーの獲得を狙っていると報じた。

 ジョーはコリンチャンス出身の選手だが、サントスのクーカ監督が得点力不足打開のキーマンとして指名したとのこと。他には昨季のポルトガル1部で30試合出場34得点と驚異のパフォーマンスで得点王を獲得したブラジル代表FWジョナスも候補に挙がっているというが、引き抜きは困難を極めるだろう。

 最も大きな障壁となりそうなジョーの移籍金は、来季のレアル・マドリー加入が決まっている17歳のFWホドリゴ・ゴイス売却で得た資金でまかなうと見られる。17歳にしてサントスの9番を背負い、ブラジル全国選手権1部で13試合に出場し5ゴール3アシストを記録している新たな神童はすでに移籍金4500万ユーロ(約57億円)でのマドリー加入が内定済みで、2025年までの長期契約を結ぶとされている。

 サントスは財政危機もささやかれているが、ホドリゴ・ゴイスの売却でその問題を解決できるかもしれない。そして、新たに経験豊富なストライカーを迎えて2部降格を回避できるのか。名古屋もJ2降格のピンチに直面しており、エースへのオファーに対して首を縦に振る可能性は低そうだが果たして…。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180802-00283949-footballc-socc


続きを読む

103
-
Rates : 0