「彼のおかげ」 ドルトムントFWアルカセル、衝撃の“ゴール量産劇”の功労者に挙げたのは?

1

今季ドルトムントに期限付き移籍で加入したスペイン代表FWパコ・アルカセルは、ブンデスリーガ4試合で7ゴールを荒稼ぎしている。瞬く間にチームの中心人物となった絶好調のアタッカーは、自分にとって一番重要なチームメイトについて語った。ドイツ誌「シュポルト・ビルト」が伝えている。

今夏バルセロナからやって来たアルカセルは、出場したブンデスリーガ4試合はスタメン1回、途中出場3回で、90分フル出場はまだいない。総出場時間わずか126分でリーグ得点ランキングトップタイの7ゴールを挙げているが、この驚異的な効率での到達はアルカセルがブンデスリーガ史上初めてだという。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181023-00143262-soccermzw-socc

続きを読む

フットカルチョ https://ift.tt/2CCYqPo

98
-
Rates : 0