プレミア3年目の名将ペップ、自らの進化を実感 「ドイツにいた時よりも良い監督」

1

ペップ・グアルディオラ監督は昨季、マンチェスター・シティを率いてプレミアリーグ王者となった。

バルセロナ、バイエルンとビッグクラブを渡り歩き、サッカー界に革命を起こし続けている名将は、「ドイツにいた時よりも良い監督になった」と語り、イングランドでこれまで以上の進化を実感しているという。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181122-00149517-soccermzw-socc

続きを読む

フットカルチョ https://ift.tt/2PQ4axl

145
-
Rates : 0