勝負を分けた“ミスを突いての”「先制点」…セルジオ越後氏「精神的な部分で大きなポイントだった」

1

日本代表は28日、AFCアジアカップUAE2019 準決勝でイラン代表と対戦。スタメン復帰を果たした大迫勇也が56分、67分と立て続けにゴールを決めると、後半アディショナルには原口元気がダメ押しとなる3点目を挙げた。FIFAランキングではアジア最高29位を誇るイランに快勝し、2大会ぶりの決勝進出を果たした。

サッカー解説者のセルジオ越後氏は、相手のミスを突いて奪った「先制点」が勝負を決めるポイントになったと話す。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190129-00898860-soccerk-socc

続きを読む

フットカルチョ http://bit.ly/2UpWuPV

131
-
Rates : 0