アラベス乾の去就は「不安の種」 レンタル移籍終了後の動向にスペインメディア注目

1

日本代表MF乾貴士は、今冬にベティスからアラベスへ期限付き移籍、新天地で4試合連続スタメンを張り、現地時間2日のリーガ・エスパニョーラ第26節ビジャレアル戦(2-1)では移籍後初ゴールを挙げた。試合を重ねるごとに存在感を増すなか、注目が集まるのはレンタル期間を満了するシーズン終了後の動向だ。スペインメディアは、乾の去就はアラベスにとって「不安の種」だと報じている。

2015年に念願のスペインリーグ挑戦を果たした乾は、エイバルでの3年間でリーグ戦89試合11得点の成績を挙げ、今季開幕前に古豪ベティスに完全移籍。しかしリーグ戦出場は8試合、うちスタメンは5試合にとどまり、日本代表として参戦していたアジアカップ中の1月24日、アラベスへの期限付き移籍が決定した。

2月11日のリーグ第23節レバンテ戦(2-0)で新天地デビューを飾り、そこから4試合連続でスタメン出場。3月2日のビジャレアル戦では、リーグ戦では約10カ月ぶり、移籍後は初となるゴールを挙げるなど、右サイドの第一オプションとして存在感を示している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190309-00174815-soccermzw-socc

続きを読む

フットカルチョ https://ift.tt/2H9ZWMh

162
-
Rates : 0